小児科とは

  • 2015年10月2日 12:49 PM
  • 小児科への受診

大人は自分で判断して、耳が痛いから耳鼻科、目がかすむから眼科、腰が痛いから整形外科、歯が痛いから歯科にかかります。しかし、子どもではまず小児科を受診して下さい。専門医にかかる必要があるかを判断するのは小児科医の役割です。

  • 小児科は子どものすべてを診る科

小児科の診察では子どものすべてを診ます。子どもの病気を治すためには、全身をくまなく診ることが大切だからです。

  • 子どもが幸せに育っていくために

子どもの心のこと、食事のこと、育児のこと、発達のこと、予防接種のこと、幼稚園や保育園で困っていること、学校のこと、子どものことはすべて気軽に小児科医に相談して下さい。小児科医はあなたの子どもが幸せに育っていくためのお手伝いをします。

  • 小児科医はいつも子どもに寄り添っています。

小児科医の仕事は、母親がおなかに子どもを宿した時から始まります。プレネータルビジット(出生前訪問)と呼ばれるふれあいです。生まれてくる赤ちゃんを家庭で受け入れるための準備です。おなかの赤ちゃんの健康が心配な時には、出産の時に立ち会うこともあります。新生児から思春期までは小児科の守備範囲ですが、慢性の病気を持っている子どもでは成人になっても小児科医が診ます。

PAGE TOP